読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろにくる

たまに泣いてたまに転んで思い出の束になる

【ORAS】シーズン8総括【シングル】

pkmn(ぴくみん)

どうもきゃべです。シーズン8も今日で終わりということで環境と自分自身の総括をしたいと思います。

 

まずは私の最終レートと最高レートです。

 

最終レート 1706

最高レート 1944

 

はい。チンカスですね。シーズン前半はずっとポケモンから離れていて残り3週間ぐらいの時にふとポケモンを始めました。

 

適当にオフ勢の方のブログを回っていたらバシャガルが出てきて面白そうだなと思って使ってみたんですが、作った構築は吠えるへの対抗策がゼロで化身ボルトが激重な欠陥構築でした。

 

その上僕のプレイング技術ではスタンパ以外使うことができないことが判明したので解散になりました。一応今シーズン最高レートの構築でした。

 

その後はヤーティを使ったりブルンゲル軸を使って1600~1800をウロチョロしていたらいつの間にかシーズンが終わってました。レートインフレの激しいこの環境でこのレートは恥ずかしい限りです。

 

次に全体の総括です。

 

増えたポケモン

f:id:singlelove:20150317145714g:plainf:id:singlelove:20140917191212g:plainf:id:singlelove:20140917190815g:plainf:id:singlelove:20140909191928g:plainf:id:singlelove:20150317145954g:plainf:id:singlelove:20150317145708g:plainf:id:singlelove:20150317150003g:plainf:id:singlelove:20150317150400g:plainf:id:singlelove:20150317145945g:plainf:id:singlelove:20150317150255g:plainf:id:singlelove:20150317150156g:plain

f:id:singlelove:20150318230948g:plainf:id:singlelove:20150318232041g:plain

高い抜き性能でおもにマンダとともに活躍したウルガモス物理受けとして数を増やしたスイクン、それをメタるポケモンとして流行したボルトロスキノガッサ

夢特性解禁に加えスイクンに強いことやオニゴーリと相性がいいことも追い風となったジャローダ、対面構築の復権とともに高い対面性能が再評価されだしたローブシン、序盤にカバルドンとともに爆発的に数を増やしたメガリザードンXなぜ流行ったかはよくわからないが高い攻撃力が自慢のメガヘラクロス、起点にできる相手の範囲の広さと起点づくりの簡単さが評価され高レート御用達となったオニゴーリ

 

そしてラストを飾るのは素催眠ゲンガー

 

ボルトロスで威張り電磁波った後催眠でアドをとったりガルーラ相手に催眠連発したり負け濃厚の試合で催眠を当てて戦況をひっくり返したりと悪名高きポケモンでシーズン8でもっとも話題を呼んだポケモンといっても過言ではないだろう。それに呼応する形で噛み砕くを持ったガルーラが増えたような気がする。